ペットと人間の関係

ペットは家族の一員です。
生き物である限り、共に暮らしを支えているといっても良いでしょう。


人間と人間は、感情がぶつかりあったり、相手のことを気を使うあまり、ギクシャクした関係になったり、大きなケンカでもう話をしないという関係になることもあります。
しかし、言葉が通じないペットの場合、人間が一方的に話かけることだけで、ペットからの責めの言葉などがありません。
よって、ペットと本気で大げんかをするということもなく、感情のぶつかり合いなどもありません。
ただ、一方的な人間の身勝手な責に関しては、ペットでもペットなりの意思表示で、飼い主の襲いかかる事はあります。
たいていペットとして飼育している限り、このような事態になることは皆無でしょう。


ペットは動物であり、人間ではありません。
人間同士の泥臭い関係ではなく、人間と動物という美しい関係を保つ事ができる。
飼い主の人間性にもよりますが、少なくともペットが穏やかに過ごせる、そんな関係をもつことができるとされています。


それでいて、ペットは家族です。
いろいろな人間とペットの関係はありますが、信頼関係ができている両者の関係は、あらゆるシーンで感動を産むこともあります。
動物が人の心をこんなにも穏やかにすることができる、そして動物も人間を信頼することができる、そんな場面に出くわすことがたくさんあります。
ペットの存在は、人の心を穏やかにするとともに、人生に彩りを加えることになります。


■特別外部リンク
今後の病気リスクまで考えられたキャットフードを販売しているサイトです・・・キャットフード

Copyright © 2014 ペットと人間の共存 All Rights Reserved.